地域との関わり


サケ稚魚放流会


 織笠川、関口川、大沢川では、漁協合併前から山田町、山田町教育委員会とサケ稚魚放流会を開催し、 それぞれの地元の小学生、保育園の子供たちにサケ稚魚を提供してまいりました。 サケ放流河川の環境保全のためには、地域の皆様の理解と協力が不可欠ですので、 放流会を通じて子供の時から河川環境の大切さを学んでもらいたいと考えています。


マリンツーリズム


 マリン・ツーリズム山田は、山田の海の素晴らしさ、漁業の楽しさ、 水産物の本当の味を都会の方たちに知ってもらうため、平成17年3月に漁業者主体に結成された組織です。 水産物の販路拡大にもつながることから、当漁協も賛助会員として協力しています。 詳しくは、山田町のホームページ内の観光情報を検索してください。


三陸山田カキ(活気)まつり


 春は入学、入社と何かと目出度い季節ですが、実はこの時期、 マガキは一番グリコーゲンが乗ってミルキーでヘルシーなのです。4月下旬の1日、 山田魚市場を会場に、三陸やまだカキ(活気)まつりが開催されます。 主催者は「山田の魅力発信実行委員会」で、当漁協は共催です。各支所から漁業者が出店して、 カキ、ホタテ、ワカメ、ホヤなどを格安で販売します。漁協女性部もカキご飯、カキ汁を販売して盛り上げます。


アサリまつり


 春の大潮は潮干狩りの好機ですが、山田湾内の砂浜は漁業権が設定されていて 一般の方はアサリ掘りができません。そこで5月の連休の頃、 アサリまつりが山田町と山田町観光協会の主催で開催されます。 当漁協は漁場の使用に協力し、また、漁業者が出店してカキ、ホタテ、ホヤなどを販売します。 漁協女性部もアサリ汁などを販売します。


織笠川鮭まつり


 織笠川は岩手県内有数の鮭川です。 多い年で10万尾以上が、11月中・下旬をピークに溯上します。 その時期、当漁協は山田町、山田町観光協会とともに織笠川鮭まつりを開催しています。 サケのつかみ取り、サクラマス(ヤマメ)釣りの他に、当漁協がイクラや新巻鮭を、 漁業者がカキ、ホタテなどを販売します。漁協女性部もイクラ丼、イクラうどんを販売します。

山田町の情報